OZ学習塾
〒336-0022 さいたま市南区白幡5-8-17(内谷本部)
TEL:048-799-3401
mail:mail@oz-gakushujuku.com
http://www.oz-gakushujuku.com/

2020年02月25日

辻教室 小4~中3 新規入塾受付中!

こんにちは、辻教室責任者の宮内です。久々の更新になってしまいました。

辻教室では、小4~中2までの保護者の方を対象に二者面談を実施中です。頂いた意見やご要望をもとに、今後の指導に活かせていただきます。

昨年度卒塾したご兄弟をもつ保護者の方とお話をする中で、高校に入学後も高い意識を持って取り組んでいることを聞き、私の指導方針である「目標に向かって努力し続ける力」をしっかりと身につけてくれたことが本当に嬉しいです。

さて、中学3年生については、私立高校入試が一段落つき、続々と結果が届いています。入試当日の点数が良く、希望していたよりも上の最上位コースに合格が決まった生徒もいて、ほっと一安心です。

いよいよ来月は県立高校入試です。昨年度に続き全員合格を達成すべく、生徒共々頑張っていく所存です。引き続きよろしくお願いします!

中学1•2年生はいよいよ一ヶ月後は学年末試験です。テスト2週間前には、辻教室恒例の毎日全員自習室お呼び出し&ワーク完全反復が始まります。良い一年の締めくくりが出来るように頑張りましょうね。

さて、辻教室では3月5日(木)の新年度スタートを迎えるにあたり、新規入塾を募集中です!

おかげさまで他塾からの転塾をご希望されていらっしゃる方や、多くの保護者様からお問い合わせを頂いております。新小4~新中3までまだ残席がございます。(新小学4年生クラスは3月からの開校予定です。)
体験授業もご参加いただけます。
詳しくは教室までお問い合わせください。

(3月27日追記)
新中学1年生、新中学3年生クラスの残席は残りわずかとなりました。
ご入塾をご検討の方はお早めにお問い合わせいただければと思います。

また、小学生クラスも小4から小6まで新規入塾募集中です。

B8D0FBE9-33E7-4577-AE20-E29FCB3B3664.jpeg
posted by oz-gakushujuku at 00:40| 各教室から

2020年02月14日

辻教室 テスト前通塾が始まりました。

こんにちは、辻教室の宮内です。月日が経つのは早いもので、県立入試まで残り2週間を切ってしまいました。

辻教室は開校3年目を迎え、第2期生がいよいよ受験を迎えます。最後の最後まで点数は伸びるので、良い結果になるように講師一同全力で指導しています。

そして入試が終われば3月からは新学年スタート。
中3生の入試対策最後の大詰め、中1、中2生の学年末対策、新年度準備とおかげさまで慌ただしく過ごさせていただいています。
各学年、一年間の総まとめです。体調にはくれぐれも気をつけて、自己ベストが出せるように頑張りましょう!

さて、学年末まであと2週間、毎日全員参加の「テスト前通塾」がスタートしました!

本日中1、中2はそれぞれ鎌倉、舘岩移動教室の最終日だったのにも関わらず、自習スペースで一生懸命ワークに取り組んでいました。
学年末の範囲を確認しましたが、両学年ともに非常に範囲が広く、ワークをこなすだけで手が一杯になりがちです。反復学習で確実に定着を図りましょう。

直前の土日テスト対策では予想問題や実際の過去問題を使用し、点数に直結するような演習を行います。
とにかくやるしかありません。ベストを尽くして、気持ち良く新学年に切り替えられるように全力で取り組もう!

おかげさまで小学生クラスもお問い合わせを多くいただき、とても活気が出てきました。一生懸命頑張れる良い子たちが集まってくれて嬉しいです。
現小学3、4年生は計算力アップ、語彙力アップを目標としています。毎回必ず漢字テストや計算テストを行っていますが、コツコツ取り組むことで一年後大きな力になります。これから一緒に頑張りましょうね。


7a90f65db78d284019c44649d86b562d_m.jpg
posted by oz-gakushujuku at 23:35| 各教室から

2019年12月30日

年末年始の休館日のお知らせ

誠に恐れ入りますが、年末年始の下記の期間は全館休館日とさせて頂きます。

12/31(火)〜1/3(金)

1/4(土)から通常授業となります。ご理解の程宜しくお願い致します。

0783fa0dc12eda820fb14b564bb14a6c_m.jpg
posted by oz-gakushujuku at 23:23| 本部からのお知らせ

2019年12月04日

定期テストの成績でお悩みの生徒・保護者様へ

「定期テストの勉強に行き詰っていませんか?」

中学校の定期テストは勉強法をしっかりと身につければ、点数を向上させることができます。定期テストで成績が伸び悩んでいる生徒の多くは「勉強法がわからないからどうすればいいのかわからない」のです。決してやる気がないのではないのではないのです。

埼玉県の公立高校入試においては内申点の数字が合否を左右すると言っても過言ではありません。その内申点を上げるためには「定期テストで好成績を取る」ことが必要不可欠です。OZ学習塾のシステムは、定期テストで点数を取ることに特化しております

@「1中学1教室」による徹底した差別化

定期テストの内容は各中学校によって異なります。1つの教室で様々な中学校の生徒を指導しても効率がよくありません。中学校を絞って集中的に無駄なく指導することが成績向上の最短ルートです。

A中1から5教科指導

公立高校の入試は英語、数学、国語、理科、社会の5教科受験です。内申は5教科に実技教科を合わせた9教科が対象となります。特に学校によって進度が異なりがちな理科と社会は、学校の進度に合わせて早い時期から勉強することが大切です。英語と数学は学校選択問題が採用されているので、確かに重要かもしれませんが、国語、社会、理科で如何に点数を落とさないかが合否の鍵を握るケースも多いです。

B徹底した反復練習

定期テストで点数を取るためには、徹底した反復練習が必要不可欠です。実際に定期テストで高得点を取る生徒のほとんどが学校のワークや類題を徹底的に反復しています。提出物も生徒任せにはしません。提出物をこなすだけでテスト勉強が終わってしまうことのないように、こちらで進捗状況を常に確認し、反復できる時間を確保しています。



(1)ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。
まずは、保護者様だけでも構いません。個別に当塾での授業内容や様子を詳しくご説明いたします。

(2)実際の授業に参加することもできます。
塾に初めて通う方、転塾される方はご不安が多いと思いますので、実際の塾の授業に参加して、様子や雰囲気をご覧になって下さい。

(3)入塾をお決めになられたら、お手数ですが、ご連絡をお願いしております。
ご入塾をお決め頂いた時点でごご連絡を頂き、校舎にて入塾書類を記入して頂くなどの手続きをお願いしております。その際に費用の支払い方法の確認やお子様の詳細な状況を伺わせて頂いております。

(4)転塾をお考えの方へ
当塾に寄せられる「転塾したい方のご相談」の多くが、「今通っている塾の支払がキャンセルできない」という点です。もし、当塾への転塾が前向きな場合、その旨をお伝え下さい。

転塾によって、ご家庭のご負担が大きくならないように、入塾費用を一部軽減するサポートを用意しております


OZ学習塾の指導内容や各校へのアクセスについては下記のホームページでご覧になれます。↓

http://www.oz-gakushujuku.com


50fc2f05e0b0cd44a0af96c4a183baad_m.jpg
posted by oz-gakushujuku at 15:11| ご通塾・転塾をお考えの皆様へ

2019年08月23日

過去問に取り組むにあたって

こんにちは!喜沢教室の増田です。

夏期講習が終わりましたが、連日の猛暑の中、みなさん本当に一生懸命頑張っていました。そして、中学3年生はいよいよ本格的な受験モードに入ります。

さて、9月1日(日)には第4回の北辰テストがあります。前回の第3回の北辰テストの前日には大勢塾にやってきてくれて、テスト対策に一生懸命取り組んでいる姿が素敵でした。ちなみに、北辰テストを受けた後はみなさんどうしていますか?解いて、丸つけて、「○○点とれた!」と喜んだら、その後どうしていますか?それで終わり?それではもったいないです!

「あー、こここうか!」とか、「ほうほう、こういう問題はこう解くのか」とか、「この単語ってこういう意味なのか!」という新発見再確認はありませんでしたか?

ありますよね?

そういった経験はチャンスです。何のチャンスかって、「もっともっと伸びる」チャンスです。知らなかったこと、自分の記憶に定着していなかったこと、それらが確認できたんですから、それらをいま、しっかりと復習しましょう。そうすると、「できなかったこと」が「できること」になっていきます。そうして、今度また類似の問題に遭遇したとき、確実に解けるように自身を高めてあげましょう。

例えば、過去問を解いて、80点マークしたとします。「やった! こんなにとれた!」喜ぶのは第一段階です。大いに喜びましょう、大いにご自身を褒めましょう。それが終わったら次は第二段階です。できなかった問題に目を向けましょう。80点とれたということは、解けなかった20点分の知識・解法を身につければその過去問は満点がとれるということです。こうして自分にとっての「確実に解ける問題」を増やしていきましょう。

過去問に取り組むとは、「現時点の自分の実力」を知る機会であるだけでなく、「自分の課題」を知り、それを「できる」に変えることができる機会でもあるのです(北辰のポスターにもありましたね)。ご自身をより高めてくれるのは「解けた問題」ではなく「これから解けるようになる問題」です。解答解説を見てもわからないことがあったら、なんなりと質問してください。

9月1日の第4回北辰テストに向けて一緒に頑張りましょう!

ぶろぐよう.jpg
posted by oz-gakushujuku at 22:01| 各教室から
OZ学習塾の詳細はこちらです。      ↓ http://www.oz-gakushujuku.com/
プロフィール