OZ学習塾
〒336-0022 さいたま市南区白幡5-8-17(内谷本部)
TEL:048-799-3401
mail:mail@oz-gakushujuku.com
http://www.oz-gakushujuku.com/

2018年09月14日

絆深き者

こんにちは。桑原です。2学期が始まり、ほとんどの中学校が体育祭に向けて盛り上がっている時期だと思います。そこでこんな話を皆さんに…

戦争を共に戦い、生き抜き、帰還した方たちの友情は、私たち戦争を知らない世代には想像できぬことなのかもしれませんが、「家族以外の人間と人間の絆が最も深くなるとき、それは、死の危険を共にしたときだ」といいます。つまり「戦友」です。

死の危険を共にしたとまでいかなくても、たとえば、部活仲間って友情厚いですよね。毎日のように練習があって、試合・コンクールでは緊張を共にして、表面上のものだけでなくて、きっと部内の人間関係などでも、苦労を共に過ごすんだから、「戦友」に近いと思うんです。

部活の練習でも、体育祭でも、合唱コンクールでも、受験前の勉強でも、恋愛ごとであっても、何か自分自身ががんばらないといけないときってありますね。そのときに、はじめから上手じゃなくっても、むしろ足手まといに思われるくらいでも、「真剣でいる人」の周りには、なぜか素敵な仲間が集まり、生きている時間が楽しそうに、「これが青春だっ!」というふうに見えるときがあります。もしそうなら、きっとあなたが、ほかの人から戦友と認められる人間だからです。だから、少しくらいは演技が入ってしまってもいいから、どんな分野でも、真剣に打ち込む姿だけは、見せ続けないといけない。こういう人間になるんだって、踏ん張るんです。

「きみもがんばってるから、しかたないからこっちもやるよ」と言ってもらえるくらいの人に!

「なんだかんだで、あいつと一緒の場所で過ごせてよかった」と思ってもらえるくらいの人に!

「中学時代の戦友はと言われたら、間違いなくあいつだった」と若い時代が終わり、いつか違う街の、違う空の下でお互いに生きていても、振り返ってもらえるくらいの人に!

たとえ年齢を重ねても、多くのお金を手に入れても、ひとりで物事を成し遂げることはできない。だから、常に、自分は誰かの戦友として生きているんだと思うこともそうそう悪くはないですよ。

c266a3610a16155282bfbce058dde7c6_s.jpg
posted by oz-gakushujuku at 18:29| 桑原のひとりごと
OZ学習塾の詳細はこちらです。      ↓ http://www.oz-gakushujuku.com/
プロフィール