OZ学習塾
〒336-0022 さいたま市南区白幡5-8-17(内谷本部)
TEL:048-799-3401
mail:mail@oz-gakushujuku.com
http://www.oz-gakushujuku.com/

2017年04月24日

やらないトレーニング

こんにちは。桑原です。

 「トレーニング」とは、繰り返し同じことをやって、技術を身に着けていくことですね。普通は、やるとパワーアップするイメージが大きいですが、こういうのもあります。

 「だいたいできているから、もう、やらない。」
 「めんどうだから、途中までしか、やらない。」
 「1度やって、わからなかった問題は、もう、やらない。」
 「見た目が難しそうだから、やらない。」
 「結局できることが少ないから、この科目は、やらない。」

 「やらない」ことを猛特訓しているのですから、このトレーニングの効果によって、変な言い方になってしまうけれど、「やらない」のがとても上手な人になります。特に「勉強」の分野では、1日過ぎるだけで、新しい内容が追加されますから、やらないトレーニングの成果は、驚異的に短い時間で、見える形でバッチリ成果が出ます。

 少し話が変わりますが、「野球」「ピアノ」「英会話」なんかと違って、「学校の勉強」だけは、どんな小中学生も実際に自分でやったことがあって、大変さを知ってて、あんまりやりたくないものですよね。でも、実際には、どんな人だって、逆にやらなきゃいけないって分かっているから、みんながまんしてがんばっている。

 だから、勉強の分野の「やらない」は、残念ながら、まわりからの信頼を失う可能性がいちばん高い。「みんなが苦労していることさえも、コイツは逃げてやらないヤツなんだな。」と、心のどこかで思われてしまう。それこそ、仲がいい友人や、好きな異性からでさえも。

 やらない=0じゃないんです。君たちの気づかないところで、何か大事なものが音も立てずにポロポロとこぼれていってる。だから、「できない」ならその気さえあれば挽回の機会はあるけど、「やらない」は絶対にダメなことなのです。
posted by oz-gakushujuku at 16:27| 桑原のひとりごと
OZ学習塾の詳細はこちらです。      ↓ http://www.oz-gakushujuku.com/
プロフィール