OZ学習塾
〒336-0022 さいたま市南区白幡5-8-17(内谷本部)
TEL:048-799-3401
mail:mail@oz-gakushujuku.com
http://www.oz-gakushujuku.com/

2024年02月03日

【OZ学習塾田島教室】高校受験の基本知識N令和6年度公立高校入試[理科]の予想分野

令和6年度 公立高校入試[理科]の出題範囲を予想してみました。
中学校の3年間の理科
地学分野…1年「大地の変化」
     2年「天気の変化」
     3年「地球と宇宙」
生物分野…1年「植物と動物の分類」
     2年「植物のはたらき」、「ヒトのからだのつくり」
     3年「生物のふえ方と遺伝」、「自然と人間」
化学分野…1年「気体と水溶液」、「状態変化」
     2年「化学変化」
     3年「水溶液とイオン」
物理分野…1年「光、音、力」
     2年「電気の世界」
     3年「運動とエネルギー」

1小問集合問題[8問 計24点]
 下記の2〜5で出題される分野以外で、「地学」「生物」「化学」「物理」の各分野からそれぞれ一問一答形式で2問 4分野×2問=計8問出題されます。
 例えば、地学分野が出題される2で「大地の変化」が出題される場合、1の小問集合問題では「天気の変化」、「地球と宇宙」から各1問一問一答形式または選択問題として出題されるという構成になっています。
大問2〜5は、「地学」「生物」「化学」「物理」から、それぞれ19点分出題されます。各分野で、2つ予想してみました。
★予想分野★
2地学分野[5問 計19点]
※大地の変化 中1分野      ※地球と宇宙 中3分野
内容:火山と火成岩         内容:金星と火星、太陽系
   地層と堆積岩

3生物分野[6問 計19点]
※生物界のつながり 中3分野              ※ヒトのからだ 中2分野
内容:生態系、物質の循環、自然と人間・科学技術      内容:神経系

4化学分野[5問 計19点]
※水溶液 中1分野            ※発熱反応 中2・3分野
内容:溶解度曲線を用いた再結晶の実験    内容:鉄と硫黄の化合、カイロのしくみ、中和による発熱など
   状態変化と蒸留   
   濃度の計算

5物理分野[5問 計19点]
※運動とエネルギー 中3分野                  ※電流と磁界 中2分野
内容:仕事と仕事率(仕事の原理)・エネルギーの移り変わり      内容:電磁石、電磁誘導

※埼玉県の公立入試【理科】の学力検査は、1の小問集合問題以外は、実験の手順に始まり、実験結果や調べて分かったことを図や表、レポートとしてまとめたことを書いた、とても長い問題設定文であるという特徴があります。決して、他県と比べて難しい問題が出題されるわけではないですが、しっかりと問題設定文を読む心構えが必要です。
 過去3年間の平均点…R5年は58.2点 R4年は52.5点 R3年は56.2点  

 予想分野は、過去10年間に出題された分野の傾向をもとにした予想です。
重点的にその分野の知識を確認することは大切ですが、1の小問集合問題を含めると、どの分野が出てもおかしくありません。予想した分野だけ確認するのではなく、渡されたテキスト等を使って、どの分野が出題されても大丈夫なように、しっかりと見直しましょう!
posted by oz-gakushujuku at 16:05| 各教室から

【OZ学習塾内谷教室】高校受験の基本知識N令和6年度 公立高校理科予想分野

令和6年度 公立高校入試[理科]の出題範囲を予想してみました。
中学校の3年間の理科
地学分野…1年「大地の変化」
     2年「天気の変化」
     3年「地球と宇宙」
生物分野…1年「植物と動物の分類」
     2年「植物のはたらき」、「ヒトのからだのつくり」
     3年「生物のふえ方と遺伝」、「自然と人間」
化学分野…1年「気体と水溶液」、「状態変化」
     2年「化学変化」
     3年「水溶液とイオン」
物理分野…1年「光、音、力」
     2年「電気の世界」
     3年「運動とエネルギー」

1小問集合問題[8問 計24点]
 下記の2〜5で出題される分野以外で、「地学」「生物」「化学」「物理」の各分野からそれぞれ一問一答形式で2問 4分野×2問=計8問出題されます。
 例えば、地学分野が出題される2で「大地の変化」が出題される場合、1の小問集合問題では「天気の変化」、「地球と宇宙」から各1問一問一答形式または選択問題として出題されるという構成になっています。
大問2〜5は、「地学」「生物」「化学」「物理」から、それぞれ19点分出題されます。各分野で、2つ予想してみました。
★予想分野★
2地学分野[5問 計19点]
※大地の変化 中1分野      ※地球と宇宙 中3分野
内容:火山と火成岩         内容:金星と火星、太陽系
   地層と堆積岩

3生物分野[6問 計19点]
※生物界のつながり 中3分野              ※ヒトのからだ 中2分野
内容:生態系、物質の循環、自然と人間・科学技術      内容:神経系

4化学分野[5問 計19点]
※水溶液 中1分野            ※発熱反応 中2・3分野
内容:溶解度曲線を用いた再結晶の実験    内容:鉄と硫黄の化合、カイロのしくみ、中和による発熱など
   状態変化と蒸留   
   濃度の計算

5物理分野[5問 計19点]
※運動とエネルギー 中3分野                  ※電流と磁界 中2分野
内容:仕事と仕事率(仕事の原理)・エネルギーの移り変わり      内容:電磁石、電磁誘導

※埼玉県の公立入試【理科】の学力検査は、1の小問集合問題以外は、実験の手順に始まり、実験結果や調べて分かったことを図や表、レポートとしてまとめたことを書いた、とても長い問題設定文であるという特徴があります。決して、他県と比べて難しい問題が出題されるわけではないですが、しっかりと問題設定文を読む心構えが必要です。
 過去3年間の平均点…R5年は58.2点 R4年は52.5点 R3年は56.2点  

 予想分野は、過去10年間に出題された分野の傾向をもとにした予想です。
重点的にその分野の知識を確認することは大切ですが、1の小問集合問題を含めると、どの分野が出てもおかしくありません。予想した分野だけ確認するのではなく、渡されたテキスト等を使って、どの分野が出題されても大丈夫なように、しっかりと見直しましょう!
posted by oz-gakushujuku at 16:01| 各教室から
OZ学習塾の詳細はこちらです。      ↓ http://www.oz-gakushujuku.com/
プロフィール