OZ学習塾
〒336-0022 さいたま市南区白幡5-8-17(内谷本部)
TEL:048-799-3401
mail:mail@oz-gakushujuku.com
http://www.oz-gakushujuku.com/

2023年06月29日

【OZ学習塾 戸田公園教室より】期末テスト初日 そして次は夏期講習

こんにちは
OZ学習塾 戸田公園教室の文系担当です。


今日は戸田中学校の1学期期末テスト初日となりますexclamation


今日の結果が分かるのは来週以降です。


今は終わったテストに一喜一憂するのではなく、明日のテストに向けて勉強しましょうパンチ


さて、期末テストが終わった後は夏期講習があります。


今年のOZ学習塾は小学5年から中学3年まで全ての学年で夏期講習を行います。


夏休みはついつい、部活や遊びに全力を傾けてしまいがち……。


そして、ご家庭の中でも「宿題やったの?」、「今やろうとしていたとこだよ!」なぁんて応酬が繰り広げられて、気付いたらいつもケンカ状態……。


これ、毎年起こる『あるある』なお話です。


そうならないためにもOZ学習塾の夏期講習にドンドン参加させてください手(パー)


夏休みの宿題チェックも夏期講習中にしっかり行いますexclamation×2
posted by oz-gakushujuku at 15:02| 各教室から

2023年06月25日

【OZ学習塾 内谷本部教室】小6 第1回OZ学力コンテスト

文系講師の武本です。

内谷教室では、7月5日(水)および7月7日(金)に【小6 第1回OZ学力コンテスト】(通称OZコン)を実施いたします。「OZコン」とは、学期ごとに実施される塾内テストです(年間3回実施)。試験科目は「国語」「英語」「数学」です。「OZコン」は指導科目である「国語」「英語」「算数」の学習定着度をはかるとともに、小学生たちの”定期テスト”に向き合う態度を養うことを目的としています。

ここで、”定期テスト”とは文字通り中学校に進学した後の”定期テスト”のことです。中学校では定期テスト実施の約2週間前に当該テスト範囲を生徒たちに発表して、生徒たちはその出題範囲を確認の上、定期テストに向かって勉強を加速させます。小学生OZコンはその”定期テスト”を模した形で、テスト範囲を発表し、順位を競うといった運用をしています。OZ学習塾の小学部は勉強面における中学校の準備という位置付けとなっているのです。成績優秀者は教室内掲示を通じて、原則として順位を発表しています。学年順位を意識する中学生と同じように、小学生生徒たちも、ランキングを意識して日々勉強に励んでいるのです。

小学校を卒業し、公立中学校に進学すると、定期テストが原則として年間5回実施されることとなります。定期テストで獲得した点数に学習態度等が勘案されることで、通知表の評定をつけられます。中学生活のおよそ3年間の通知表成績を前提に、高校進学先を選ぶというのが受験までのおおよその流れです。

「どの高校を進学先として選べるのか?」は中学校で実施される定期テストの結果に大きく左右されることがわかります。では、中学校で実施される定期テストの結果は、何によって左右されるのか?もちろん、勉強面における成功の要素としては、一般的には「才能」といった先天的要因や勉強量に代表される「努力」といった後天的要因を挙げる方々が多いのではないでしょうか。その通りだと思います。しかし、ここではあえて「準備」も重要であると言いたいと思います。日々の勉強は言うまでもなく、テストへの意識の持ち方、テスト前の過ごし方、テスト中の問題への取り組み方など、事前に「準備」することでテスト本番でのパフォーマンスも変わってくるのです。

OZ学習塾という小規模で学校準拠の指導内容である塾であっても、毎年、各中学校内の定期テストでの学年順位上位者が在籍しています。私が担当するクラスからも毎年のように県立浦和高校・大宮高校などいわゆる学校選択問題採用校(2024年は22校)や地域の有名校である浦和南高校等に進学していきます。

OZ学習塾に在籍する学校内成績上位者の多くが小学生時代からOZ学習塾に通っています。中学1年生で初めて受ける1学期中間テスト、生徒たちが口々に言うのが「OZコンと同じだよね」というセリフ。テストの「準備」に長けた生徒たち、なかなか頼もしさを感じさせてくれます。小学生時代の「準備」が活きていると実感する瞬間です。実際、OZコン上位ランキング者はかなりの確度で、OZ学習塾中学部での先取り授業も相まって、中学校定期テストでも成績上位者となります。様々な要因があっての結果だとは承知していますが、「準備」の重要性の価値は大いに認めざるを得ません。良いスタートを切らせることが、「ぼくは、わたしはイケる」という自信につながり、良い成績を継続することで自負を育むことが可能となります。積み上げてきた自信と自負を持った生徒をして、主体的に勉強できる生徒に成らしめるのです。

「準備」してきた小学生時代の学力の「差」が、中学生時代の学力の「差」となります。この事実を胸に刻んで、OZ学習塾に在籍している小学生には「OZ学力コンテスト」に臨ませていきたいと考えております。

画像_犬_テスト勉強.jpg

OZ学習塾内谷教室 武本





posted by oz-gakushujuku at 20:45| 各教室から

2023年06月22日

【土合教室】小学生も頑張っています!

期末試験まで2週間を切り、中学生は試験勉強に燃えていますが、土合教室の小学生も頑張っています!

土合教室には、土合中に進学予定の4年生以上の生徒たちが在籍しています。毎週、授業後に残って自習をしたり、授業以外の日も自習に来て勉強しています。

IMG_2174.jpeg

↑学校の宿題やOZの宿題、英検や数検の勉強など、自分たちで考えて勉強しています。

授業で学んだことをその日のうちに復習する。家だとなかなか勉強できないからOZで自習する。友達が頑張っているから自分も一緒に頑張る。

土合教室の小学生たちは、中学生に負けないくらい、いや、もしかしたら中学生以上に頑張っているかもしれません。
posted by oz-gakushujuku at 18:01| 各教室から

【OZ学習塾 喜沢教室】勉強に必要なのは質か量か

こんにちは! 喜沢教室の文系担当です。


今日はいつもとは少し違う角度から勉強について話したいと思います。


私は大学時代、部活でキックボクシングをしていました。
キックボクシング イラストや.png


先日、社会人になってから10年ぶりくらいに練習に顔を出し、汗を流させてもらいましたがく〜(落胆した顔)
(久しぶりに動いたらバテバテでした笑)

その日の練習の終わりに現役生へ技術指導をすることになったのですが、そこで具体的な技術指導とは別に話したことが、今回のお題にもなっている『練習(OZの場合は勉強)に必要なのは質か量か』という話です。


皆さんは質と量どちらが大事だと思いますか?


私が後輩たちに伝えたのは、『両方』です。


「なんだそれ、どちらかじゃないじゃないか」と言う声もあるでしょうが、そこはいったん置いてもらって。


スポーツでも勉強でも大事なのは質と量を両方追及していくことだと私は思います。


どんなに集中して効率的に勉強しても、5分しか勉強しない、もしくは問題集(学校のワークなど)を1ページしか勉強しないなら意味はないですよね。


逆に10時間勉強するとしても、ネットで動画を見ながらとかではあまり効果があるとは言えません。


ちなみに、質を高める方法は単に集中力だけではありません。勉強の仕方を変えたり、より良い方法を模索するのも、一つの『質』を高める方法だと思います。


長年生徒を見ていると、点数を上げたいと本気で思っている生徒は『勉強の仕方』を先生に聞いてきます。


逆に、現状維持のままでよいと思っている生徒は、勉強に仕方についてなにも疑問を抱かず、淡々と行ってしまっています。


自分の成績・学力を上げるために質も量も上げていく。そのためにもがき苦しむこと。


スポーツも勉強も一朝一夕では出来るようになりません。


スポーツであろうと勉強であろうと、真剣に、完全燃焼するくらい頑張る、と言う事はその後の人生においてとても大事なことだと私は思っています。


今回のような話を生徒にも伝えていますし、これからも話していこうと思います。





posted by oz-gakushujuku at 15:19| 各教室から

2023年06月21日

【土合教室】6月17日(土)土合中の学校公開日でした!

6月も後半に差し掛かり、気温も高くなってきましたね。体調管理には気をつけていきましょう。

さて、先日6月17日(土)に土合中の学校公開がありました。今回は保護者の方向けということで、残念ながら授業の様子を見学することはできませんでしたが、土合中の正門までは行ってみました。

IMG_2158.jpeg

近年は感染症の影響もあり、なかなか土合中まで足を運ぶ機会はありませんでしたが、さすが各学年9クラスの学校。大きな校舎が印象に残りました。

学校に着くまでに多くの保護者の方を見かけ、体育館からは大きな掛け声も聞こえてきて、活気に溢れていました。

土合中は、2週間後に期末試験を控えています。

中間試験では大健闘の1年生。油断して点数を落とさないように。数学は文字式も試験範囲に入り、少しずつ"数学の難しさ"を体感してきていると思います。中間試験で高得点が取れても期末試験はそう上手くはいきません。頑張りましょう。

学年末試験から塾生全員が5科合計点アップの2・3年生。さらなる飛躍を期待しています。

1学期の集大成。がんばろう!
posted by oz-gakushujuku at 00:08| 各教室から

2023年06月20日

【辻教室】期末試験まであと2週間!!

6月も後半に入り、気温も高くなってきましたね。体調管理には気をつけていきましょう。

さて、今週末に体育祭を控えた南浦和中生。各学年の試験範囲も発表されました。体育祭と同じくらい期末試験にも燃えています。

IMG_2165.jpeg

↑一発勝負の期末試験に燃える中3男子たち。今までにない熱い気持ちを感じます。

IMG_2166.jpeg

↑人生初の定期試験を戦う中1たち。部活動に体育祭練習。忙しい毎日にヘトヘトになりながらも理科のプリントと戦っています。

『数学のワーク◯◯ページまで終わりました!』、『この問題教えてください!』など、連日教室内は期末試験を戦う生徒たちの活気で溢れています。

『勉強も青春の1ページ』

素敵な青春の 1ページに花を添えられるよう、全力でサポートしていきます!
posted by oz-gakushujuku at 23:31| 各教室から

2023年06月15日

【OZ学習塾内谷教室】高校受験の基本知識A【私立高校の個別相談とは?


 p_honbu.jpg
 こんにちは。内谷・田島教室、理系担当の遠藤です。
 今回は、私立高校の個別相談についてお話をします。個別相談とは、2学期以降、特に10月・11月に保護者・生徒さんが事前に高校へ予約を取り、入試担当の先生と面談することです。そのとき、必要となる持ち物が、1学期の通知表のコピーと北辰テストなどの偏差値結果です。埼玉の私立高校では各コース、例えば、特進コース、進学コースなどいくつかに分かれている学校が多いです。コース別にそれぞれ基準があり、1学期の中学校の通知表ならば、主要5科目または9科目で数値が決まっています。例えば、自分が5科(オール5×5科=25満点)で計17、9科(オール5×9科=45満点)で計30だった場合、【特進コースは5科で計20、9科で計36、進学コースは5科で計17、9科で計32】の基準の高校と個別相談した場合、特進コースはダメでも進学コースの5科の基準を満たしているのでOKといった具合です。
 また、偏差値ならば、第3回(7月)〜のベスト2の平均をもとに数値が決まっています。例えば7月が60、9月が58、10月が64だった場合、7月と10月の2回の平均(60+64)÷2=62とし、各コースの基準を満たしているかをみます。(3科・5科どちらでも可)
 ほとんどの私立高校では、個別相談のとき、通知表、偏差値どちらかの基準を満たしていれば、よほどのことがないかぎり合格します。
 個別相談において、例えば、通知表・偏差値で基準に1足りない、2足りないとなった場合、優遇処置として、英検3級以上持っているとか部活で県大会に出場したとか生徒会役員だったとか各高校が定めた条件が満たしている場合、加点がもらえ、その結果、基準を満たすことができる場合もあります。また、進学コースの基準は満たしているが特進コースの基準は満たしていない場合、進学コースは99%合格で、特進コースは、当日のテストの出来次第で合格(アップ合格やスライド合格などと言われています。)することができます。
 上記はほんの一例です。各高校によって、基準は違いますし、優遇処置についても項目も違えば加点がいくらもらえるかも違います。ただし、通知表・偏差値の取り扱いはほぼ共通しています。各高校の基準については、OZで実施している面談を通して具体的にお話差し上げます。
 コースの基準も重要ですが、各高校によってそれぞれ特徴があります。そういった点も含めて面談で、お話しできればと思っています。
 個別相談の前に学校説明会を開いています。ぜひ参加してみて、立地や設備だけでなく、高校3年間をどういったカリキュラムで過ごすのかなど耳を傾けてみてはどうでしょうか。
posted by oz-gakushujuku at 16:16| 各教室から

【OZ学習塾田島教室】高校受験の基本知識A【私立高校の個別相談とは?

 こんにちは。内谷・田島教室、理系担当の遠藤です。
  今回は、私立高校の個別相談についてお話をします。個別相談とは、2学期以降、特に10月・11月に保護者・生徒さんが事前に高校へ予約を取り、入試担当の先生と面談することです。そのとき、必要となる持ち物が、1学期の通知表のコピーと北辰テストなどの偏差値結果です。埼玉の私立高校では各コース、例えば、特進コース、進学コースなどいくつかに分かれている学校が多いです。コース別にそれぞれ基準があり、1学期の中学校の通知表ならば、主要5科目または9科目で数値が決まっています。例えば、自分が5科(オール5×5科=25満点)で計17、9科(オール5×9科=45満点)で計30だった場合、【特進コースは5科で計20、9科で計36、進学コースは5科で計17、9科で計32】の基準の高校と個別相談した場合、特進コースはダメでも進学コースの5科の基準を満たしているのでOKといった具合です。
 また、偏差値ならば、第3回(7月)〜のベスト2の平均をもとに数値が決まっています。例えば7月が60、9月が58、10月が64だった場合、7月と10月の2回の平均(60+64)÷2=62とし、各コースの基準を満たしているかをみます。(3科・5科どちらでも可)
 ほとんどの私立高校では、個別相談のとき、通知表、偏差値どちらかの基準を満たしていれば、よほどのことがないかぎり合格します。
 個別相談において、例えば、通知表・偏差値で基準に1足りない、2足りないとなった場合、優遇処置として、英検3級以上持っているとか部活で県大会に出場したとか生徒会役員だったとか各高校が定めた条件が満たしている場合、加点がもらえ、その結果、基準を満たすことができる場合もあります。また、進学コースの基準は満たしているが特進コースの基準は満たしていない場合、進学コースは99%合格で、特進コースは、当日のテストの出来次第で合格(アップ合格やスライド合格などと言われています。)することができます。
 上記はほんの一例です。各高校によって、基準は違いますし、優遇処置についても項目も違えば加点がいくらもらえるかも違います。ただし、通知表・偏差値の取り扱いはほぼ共通しています。各高校の基準については、OZで実施している面談を通して具体的にお話差し上げます。
 コースの基準も重要ですが、各高校によってそれぞれ特徴があります。そういった点も含めて面談で、お話しできればと思っています。
 個別相談の前に学校説明会を開いています。ぜひ参加してみて、立地や設備だけでなく、高校3年間をどういったカリキュラムで過ごすのかなど耳を傾けてみてはどうでしょうか。
p_tajima.jpg
posted by oz-gakushujuku at 16:08| 各教室から

【OZ学習塾 戸田公園教室】戸田公園教室のワーク管理方法

こんにちは
OZ学習塾戸田公園教室の文系担当です。


只今、戸田公園教室はテスト対策に燃えていますどんっ(衝撃)


さて、本日は戸田公園教室で行っているワーク管理方法について話してみたいと思います。


現在、戸田公園教室ではワーク管理を以下のようなルールで行っています。
1学期期末テストワーク管理表ルール

@ 各科目のワークが終了したら、ノート等を先生に見せる

A 見せた日に該当するシールを管理表に貼る

6月09日(金)6月15日(木)→青

6月16日(金)〜6月22日(木)→緑

6月23日(金)〜6月26日(月)→黄色

6月27日(火)・6月28日(水)→赤

B 2週目以降は1周目と同じ色のシールを貼る

例:6月15日に数学のワーク1周目を見せる→青シールを貼る

6月22日に数学のワーク2週目を見せる→同じ青シールを貼る


簡単に言えば、早く終われば青シールや緑シール、遅ければ黄色シールや赤シールになるということです。


「別に、ワークが終わった日付を書くとかでもいいのでは?」


そう思われる方もいるかもしれませんが、シールを使ったワーク管理にすることで、「全部のシールを青で埋めたい」・「一人だけ黄色や赤シールは嫌だ」という風に、生徒がワークを進める際のモチベーションアップに利用できます。


終わった日付だけですと、テストが終わった後でしか反省等が出来ませんが、視覚的に分かりやすく張り出すことで、テスト前にもモチベーションが上がるようにしています。


ちょっとしたことかもしれませんが、一つ一つ工夫を凝らす中で、生徒の点数アップにつなげていきます!パンチ
posted by oz-gakushujuku at 15:34| 各教室から

2023年06月14日

【辻教室】 1学期期末試験対策実施中!

南浦和中の期末テストまであと3週間を切りました。1・2年生は試験範囲も発表され、テストに向けて本気モードになってきました。

中間テストがなかった分範囲が広く、各学年それぞれの教科で膨大な量のワークが課されています。4月から、『今から学校のワークを始めておけば、他の人より余裕を持って試験勉強ができる』と言い続けてきたため、ほとんどの生徒が、半分以上のページを消化しており、なかにはあと数ページで提出できる状態の生徒もいます。

今日の2年生の授業では、理科の試験範囲の重要事項まとめプリントを扱いました。中2の化学分野は最近学習したばかりなので比較的良くできていましたが、中1の地学分野は壊滅的な生徒がほとんどでした。『もう無理だ・・・』という声がチラホラ聞こえてきました。いやいや、そんなことない。まだ20日近くあるじゃない。今日は別にできなくても良いのですよ。テストまでに完璧にすれば良いのです。今日は『火山を完璧にするぞ!』、『明日のテスト前通塾で加減法をできるようにする!』みたいに、常に目標を持って学習に取り組んでいきましょう。そして、達成できたら大いに自分を褒めましょう。それが自信になり、やる気につながっていくはずです。

来週末には体育祭がありますね。体育祭と同じくらい勉強にも情熱を注いでみましょう。期末テストに向けて熱く熱くともに戦いましょう。

IMG_2144.jpeg
posted by oz-gakushujuku at 22:43| 各教室から
OZ学習塾の詳細はこちらです。      ↓ http://www.oz-gakushujuku.com/
プロフィール