OZ学習塾
〒336-0022 さいたま市南区白幡5-8-17(内谷本部)
TEL:048-799-3401
mail:mail@oz-gakushujuku.com
http://www.oz-gakushujuku.com/

2022年06月09日

夏期講習のお知らせ

OZ学習塾の夏期講習
★7月21日(木)スタート!

7月21日(木)から夏期講習を実施致します!

【中学3年生】
 機関:7月21日〜8月24日(全24日間)
 受講料:46,000円(税込)※教材費含む

 
 英語、数学、国語、理科、社会の5科目をOZ学習塾の基本理念である「反復」を徹底して行います。今ま で多くの先輩達がこの夏期講習で大きく成長しました。夏に頑張ったという自信が秋以降の飛躍に繋がります。「この夏で変わりたい」と本気で思っている生徒の参加を待っています!

※中学3年生は全教室で実施致しますが、中学1、2年生については教室ごとに異なりますので、各教室にご確認ください。

【中学2年生】全8日間
受講料:15,000円(税込)※教材費含む

 2学期以降の中学2年生は、受験に関係する重要な単元である 英語「不定詞」「長い主語の構成文」、数学「一次関数」「証明」が控えています。2学期を迎えるにあたり、特に関係する単元の弱点克服や予習の時間を多く充てることを目的としています。

【中学1年生】全8日間
受講料:15,000円(税込)※教材費含む

 英語、数学の2科目指導です。一学期内容の復習と2学期内容の先取り授業となります。夏休みはまとめて復習できる絶好の機会です。この夏休みで弱点克服などを考えている方にお勧めです。


OZ学習塾では、夏休み期間中も週2回の通常授業を行います。小学生も随時受付中ですので、お気軽にご相談ください。

401419734b53828807b55695e62172d1_m.jpg
posted by oz-gakushujuku at 12:53| 本部からのお知らせ

2022年05月27日

定期テスト対策はお任せ下さい!

「定期テストの勉強に行き詰っていませんか?」

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で小中学校の学習環境が厳しくなっております。OZ学習塾では、生徒さんの学習進度が遅れないように、感染防止対策を施した上で、少しでも力になれればという思いで授業を進めてまいります。

OZ学習塾では、日頃の授業から定期テストを見据えて、先取り学習を展開します。勉強法にお悩みの生徒さんは長年テスト対策に特化してきてきたOZ学習塾に是非お任せください。


中学校の定期テストは勉強法をしっかりと身につければ、点数を向上させることができます。定期テストで成績が伸び悩んでいる生徒の多くは「勉強法がわからないからどうすればいいのかわからない」のです。決してやる気がないのではないのではないのです。

埼玉県の公立高校入試においては内申点の数字が合否を左右すると言っても過言ではありません。その内申点を上げるためには「定期テストで好成績を取る」ことが必要不可欠です。OZ学習塾のシステムは、定期テストで点数を取ることに特化しております

@「1中学1教室」による徹底した差別化

定期テストの内容は各中学校によって異なります。1つの教室で様々な中学校の生徒を指導しても効率がよくありません。中学校を絞って集中的に無駄なく指導することが成績向上の最短ルートです。

A中1から5教科指導

公立高校の入試は英語、数学、国語、理科、社会の5教科受験です。内申は5教科に実技教科を合わせた9教科が対象となります。特に学校によって進度が異なりがちな理科と社会は、学校の進度に合わせて早い時期から勉強することが大切です。英語と数学は学校選択問題が採用されているので、確かに重要かもしれませんが、国語、社会、理科で如何に点数を落とさないかが合否の鍵を握るケースも多いです。

B徹底した反復練習

定期テストで点数を取るためには、徹底した反復練習が必要不可欠です。実際に定期テストで高得点を取る生徒のほとんどが学校のワークや類題を徹底的に反復しています。提出物も生徒任せにはしません。提出物をこなすだけでテスト勉強が終わってしまうことのないように、こちらで進捗状況を常に確認し、反復できる時間を確保しています。



(1)ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。
まずは、保護者様だけでも構いません。個別に当塾での授業内容や様子を詳しくご説明いたします。

(2)実際の授業に参加することもできます。
塾に初めて通う方、転塾される方はご不安が多いと思いますので、実際の塾の授業に参加して、様子や雰囲気をご覧になって下さい。

(3)入塾をお決めになられたら、お手数ですが、ご連絡をお願いしております。
ご入塾をお決め頂いた時点でごご連絡を頂き、校舎にて入塾書類を記入して頂くなどの手続きをお願いしております。その際に費用の支払い方法の確認やお子様の詳細な状況を伺わせて頂いております。

(4)転塾をお考えの方へ
当塾に寄せられる「転塾したい方のご相談」の多くが、「今通っている塾の支払がキャンセルできない」という点です。もし、当塾への転塾が前向きな場合、その旨をお伝え下さい。

転塾によって、ご家庭のご負担が大きくならないように、入塾費用を一部軽減するサポートを用意しております

下記が2022年3月からの手引きとなります。ご参考しして下さい。
 ↓
20211025新年度進級の手引き2022.3-2023.2.pdf


OZ学習塾の指導内容や各校へのアクセスについては下記のホームページでご覧になれます。↓

http://www.oz-gakushujuku.com


50fc2f05e0b0cd44a0af96c4a183baad_m.jpg
posted by oz-gakushujuku at 16:24| ご通塾・転塾をお考えの皆様へ

2022年03月05日

新中学1年生中学準備講座のご案内

「新中1中学準備講座」を実施します!

●新中1中学準備講座(全6日間)●

コロナ情勢により学校生活も不安定のまま2年あまりが経過いたしました。先日、中学3年生は不透明な状況のなか、埼玉県公立入試を迎えました。相当不安であったと思われます。高校入試については出題範囲が限定されるという配慮がなされているものの、高校入学後の学力差が顕著となることが想定されています。

現在、小学6年生の生徒さん達は、4月より中学1年生となります。そして、不透明なコロナ情勢にかかわらず、高校入試に向けた日々の学習を始めなければなりません。小学校と中学校の勉強は「質」・「量」ともまったく異なります。テストで良い点を取り、望ましい評価をされるためには日々の勉強にかかっています。また、例年中学校では5月に中間試験という学年順位の出るテストが実施されます。まずは、生徒さん達には初めての中間試験で自信をつけられる成績を出していただきたいと、OZ学習塾は切に願っております。

そこで、昨年に引き続き「新中1中学準備講座(全6日間)」を春休みの間に設定し、4月から始まる新しい中学校での授業内容を完全に理解したうえで、生徒さん達を中学生として送り出したいと考えております。なお、各生徒の皆様ごとに春休みのスケジュールが異なることを見込み、本講座は参加できる日程に合わせた回数申し込みを可能といたします。厳しい環境下、志望校合格に向けてがんばる生徒の皆様を全力で支えてまいります。どうぞご検討ください。

詳しくは各教室までお気軽にお問い合わせください。

●講座詳細●
【日時】
 3月28日(月)〜4月2日(土)
 時間帯は13:00〜16:00
【講座内容】
 5科目(英・数・国・理・社)の重要ポイント指導
【料金】
 21,000円(全6日間)※英数国の教材費込(3,000円)


4718515_m.jpg
posted by oz-gakushujuku at 21:00| 本部からのお知らせ

2022年02月09日

通常授業受講料

【受講料】
 
 《小学5、6年生》 
  ※90分×週2日
  ¥7000/月
  ■算数・国語・英語
 
 《中学生》
  ※135分×週2日
  ¥22000/月
  ■主要5教科・受験対策


【その他経費】
 
 《入塾金》
  ¥5000
  ※兄弟姉妹入会の場合は免除
 
 《教材費(年額)》 
  小学生:¥10000
  中学生:¥16000
 
 《諸経費(年額)》 
  全学年:¥12000 
  ※諸経費は入塾された月によって変わります。


68251e7321580ea6a0733c916d298488_m.jpg
posted by oz-gakushujuku at 13:27| 授業料

2022年01月23日

頑張ってますか?(中3受験生へ)

こんばんは。塾長の鈴木です。

埼玉県は1/22、23で大体の私立高校の受験が終わり、残すは2/24の公立高校入試だけとなりました。あと1か月です。私の尊敬する林修先生は、受験の1か月前に必ず受験生に伝える言葉があるそうです。

「この1か月頑張れるかどうかが、一生を決めるよ。」

さらに、林先生は受験生を以下の4パターンに分けています。
 @1か月頑張って、受かる人
 A1か月頑張ったけど、落ちる人
 B1か月頑張らなかったけど、受かる人
 C1か月頑張らなくて、落ちる人

林先生は@、Aは問題ないと言っています。それは、「1か月間頑張った」という経験が残るからだそうです。問題なのはBとCで、その理由は「たった1か月間も頑張れなかった」という負い目がずっと残るからだそうです。

私も同感です。自分自身に対して「頑張った」と心から思えることは、とても素晴らしいことです。しかし、受験は残酷なシステムです。一生懸命頑張っても不合格の場合もあるからです。また、これからの人生では努力しても結果が出ないことに何度も遭遇するはずです。その時に「頑張った」という経験が次に生きてくるのです。何事も頑張らなければ、得るものは少ないです。

私は生徒によく「私は結果しか評価しない。いくら頑張ったと言っても結果が悪ければ、頑張っていないのと同じだ。」と言います。林先生の言葉と矛盾するようですが、本質は同じです。それは、結果を出すためには頑張らないといけないことを何度も経験しているからです。本心で言えば、誰もが認めるぐらい努力したのであれば、結果が出なかった場合でも誉めてあげたいです。しかし、それは本人の為にはなりません。本当に頑張ったのであれば、悔しくて、誉められることが苦痛に感じるはずだからです。私はそんな時は努力を誉めるよりも、この経験を次にどう生かすかを考える方が本人の為になると考えています。努力は認めますが、結果が出ない以上誉めることはしません。

社会に出れば、なおさら結果が重視されます。私は社会人になったばかりの頃、「頑張りましたが、結果は出ませんでした。」と当時の上司に報告したところ、「お前は頑張ったと言っているが、本当に頑張って悔しい思いをしている人間は『頑張りましたが…』なんて言葉は言わない。」と言われたことを思い出します。その時の私は結果が出なかった言い訳に「頑張った」という言葉を利用しただけだったのだと今では思います。

偉そうなことを書きましたが、私自身は今でも「自分は本当に頑張っていると言えるのか?」といつも思っています。人間は一生頑張り続けることで成長するのだと思います。

残り1か月、とことん頑張ってみようじゃないか!

23131653_m.jpg
posted by oz-gakushujuku at 23:14| 塾長のひとりごと
OZ学習塾の詳細はこちらです。      ↓ http://www.oz-gakushujuku.com/
プロフィール